お尻冷たっ!ってならない、冬でもひと肌の体感温度、木製バスチェア

お尻冷たっ!ってならない、冬でもひと肌の体感温度、木製バスチェア
寒い冬の浴室で、バスチェアに座った瞬間に
ヒヤッ、冷たいっ!
ってつい座り直したことありませんか?
その原因は、バスチェアの座面に溜まった水が冷えたせいだったり、バスチェアの素材が冷えやすいものだったり。
避けて通りたい浴室でお尻が冷える問題、これを解決するには…バスチェアの見直しが必要です。

冷たくなりにくい素材、木製

ヒノキ、スギ、ヒバなど、木製のバスチェアはアクリル素材に比べ冷たさを感じにくい素材です。

ヒノキ
お尻の感覚で言えば、夏はひんやり、冬はひと肌と同じくらい。
最大の特徴は素材の香り、バスルームに置いてあるだけでナチュラルな自然の香りが広がるので気分は露天風呂。
お尻のひんやりを防ぎつつ、香りで温泉気分を楽しめるナチュラルなバスチェアです。

アクリルバスチェアが冷たくない!

便利なバスチェア用マット

今や定番となったアクリル製バスチェア。

アクリルバスチェア
高級感と安定感があり不動の人気となっているわけですが、如何せん冷たい、お尻が。
このお尻ヒンヤリ問題は冬だけのものですから、冬だけ乗り越えられればいいだけの話。
なので、アクリルバスチェア派の方には、バスチェア用マットがおすすめです。
これさえあれば、冬にヒンヤリなアクリルバスチェアも年中快適に。

今人気の
アクリルバスチェア9選

2020/12/03 04:30更新
  価格等は変更される場合があります。詳細は
こちら